再配達の改善法案

 

 巷で色々出ている、配達業界再配達を無くそうという案についてのメリットやデメリット等をまとめてみました。

 

1.宅配ボックス 

最近設置してる家が増えてきてるみたいですね。全家庭にこれが設置させられたら再配達は0になります。

ただアパートやマンション等の集合住宅ではなかなか設置できないのと、配達業界が強制できないのが難点ですね。

 

2.再配達を追加料金にする。

個人的にはこれがベストだと思います。

再配達の数が減るだろうし、追加料金分で賃上げして人手不足の解消にも繋がりますよね。

 

ヤマトの社長曰く「再配達になるのは、在宅してないタイミングで届けるこちら側が悪いから追加料金は取らない」らしいのですが、時間指定してるのに再配達する人も割りといます。

 

3.ドローン配達

飛行距離やバッテリーや安全性等色々懸念があるようですが、これらはもう時期クリア出来る要素かと。

飛行距離に関してはトラックから飛ばすだけでも仕事の効率が上がるので、家の近くまではトラックで運んでとかでもいいですよね。

 

後、目視できる範囲内での飛行と限られてるらしいですが、GPSや遠隔操作技術等が発達すれば、時代錯誤の規制は撤廃されると思います。

他にはベランダがないアパート等では使えないのがデメリットですかね。

 

4.配達場所の指定

楽天日本郵便が導入する、「軒先の洗濯機」とか「隣の家」とか、配達場所を自由に指定できる制度ですね。

ただ荷物が傷ついたり盗難があった場合は自己責任らしいので、皆普通に安全な再配達を使うんじゃないですかね。

 

5.在宅状況を分かるようにする。

例えば、鍵を外側から閉めたら【留守中】とどこかに表示されるとか、留守であることを配達業界が知ることが出来れば問題は解決すると思うんですよね。

ただプライバシーの問題であったり、居留守使えなくなったり、泥棒に在宅状況を知られてしまう可能性があるのがデメリットです。

あと宅配ボックスと一緒で、配達業界が強制できないってのもあります。

 

 

てな感じで僕的には再配達に追加料金を科すのがベストだと思います。

TSUTAYAとかも延滞料金で割りと稼いでたりするみたいですし。

そもそも配達料を一度の配達の料金とするなら、2度目の配達料は別で払うのは至極当たり前だと思うんですよね。

 

人工知能から感情が生まれることはない。

 

SFの映画や小説で“感情のないロボット”みたいなのが出てきたら、主人公たちと触れあった結果、感情が芽生えた。

みたいな展開は昔から定番になっています。

 

しかし、僕は感情がない人工知能が突然感情を持つというのはあり得ないことだと考えています。

そもそも人工知能が人間の感情や思考を持つことは可能なのか?という点も疑問ではありますが、これらも踏まえ、哲学者サール氏の『中国語の部屋』という話で解説したいと思います。

 

中国語の部屋

密室に閉じこめられたサールに、窓から中国語で書かれた手紙が投げ込まれる。
サールは、英語しか理解できないのだが、
その部屋には、中国語の返信の文章を作り出すための「マニュアル本」が置いてあるので、
サールは、そのマニュアルにしたがって機械的な作業をして、わけのわからない文字を
見よう見まねで書きつづる。
そして、なんとか中国語の手紙を書き終え、その返事を窓から投げ返す。

 

この話は会話するタイプのAIロボットに置き換えることが出来ます。

“部屋”が“ロボット本体”

“サール”が“人工知能

“中国語の文章”が“人間の言葉”

“マニュアル”が“プログラム”

となります。

 

さて、人間が会話する時、自分の発言の意味や、その発言に対する感情等は当然理解してると思います。

しかしこの話に出てくる人間“サールか”は“中国語の文章”の意味を理解しているのでしょうか?また、“中国語の文章”の内容に“サール”の感情が含まれていますか?

 

答えは否です。

部屋の外からみると、部屋の中のサールと、中国語の文章を投げ入れた人間のコミュニケーションは成功しているようにみえますが

“サール(人工知能)”は“マニュアル(プログラム)”に合わせて動いているだけで“中国語の文章(人間の言葉)”の意味は理解してませんし、当然その文章の中に“サール”の感情はありません。

 

つまり人工知能は発言や結果を再現する事が出来ても、その意味等は理解できないのです。

しかし実際に、表面的ではあるけど感情や思考を再現する事は可能です。

例えば意味を理解させたいのなら

饅頭→小麦粉とアンコで作った菓子

といったように、表面的に理解させることはできます。

 

感情も

饅頭→甘い→美味しい→嬉しい

みたいな感じでどんどん分岐していけば表面的には再現してると言えるでしょう。(それでも何処かで矛盾が生じたり、同じ言葉でも違う意味だったりするものを区別するのはかなり難しいでしょうが)

 

しかし感情の再現はコンピューターに「喜怒哀楽」の概念や、その度合いによって起こす言動、AIの性質における行動パターン(性格)などを細かくプログラミングする必要性があると思います。

でもそれはプログラムされた“”感情の再現”であり、何もないとこから感情が生まれたわけではありません。

 

つまり感情という概念をもたないが、学習機能のある人工知能

「友達になる→嬉しい」という事を学習させた所で「友達になるのが嬉しいということはあれやこれも嬉しいんだな!」とか「大切な友達だから私には裏切れない!」みたいに

人工知能SFに有りがちな、ひとつの出来事から突然感情が芽生えるということは、僕はあり得ないことだと思っています。

 

そもそも表面的に感情を再現できても、人工知能に感情を持たせたりは現状では無理だろうし、そもそも人工知能に感情を持たせる意味ないよねってのが僕の意見なのですが、それについては次の機会に書こうと思います。

 

SS<救難信号>


メーデーメーデー!応答してくれ!』

ここはとある海岸警備隊の基地。
僕は新米なのだが、あまりやる気のある方とは言えず。
昨日も仕事をサボって、あまり人のこない小さな山の中腹で休息していたのだ。
今日は怒られる覚悟でここへきたのだが基地には誰もおらず、無線電話にある“救難信号”の記録だけが残ってた。

それにしても誰もいないとは
一体何があったのだろうか。
まさか全員で救助にいったわけではあるまい。
ここら周辺の町は人口が少なく、この基地も小規模なもので基本的に十数人しかいないのだが
もし何か起こって出動するとなったとしても最低二人は残る事になっている。
まさか襲われた?いや、争った形跡はないな。

結局謎が解けず、無線電話の記録を聞いてみることにした。

『こちらハーバー号。
波で少し進路をそれてしまった。
一応自動操縦で基地に戻るように設定してあるんだが、万一に備えて灯台を灯して欲しい。』

なんだ、こんな事か。大袈裟な。
そう思い息をついていると次のメッセージが流れてきた。

『ありがとう、なんとか戻れそうだ。
そういえばさっき漁船をみたんだがこの時間帯に出てる漁船なんてあったか?
念のため中を確認してみるよ。』

おかしな話だ。
ハーバー号が出動している時間帯は深夜帯。
この辺は夜になると波が強くなるため漁師たちは船を出すのを禁止されているのだ。
まさか密漁ではなかろうか。

『大変だ、漁船の中には誰もいなかった。
床にライフルと弾が散らばっている所をみると、まさか海賊たちと争ったんじゃないだろうか。
今頃監禁されているかもしれない。
今日は流石に戻るが明日詳しく調べてみよう。』

ほう、事件性が増してきた。
この辺の海は海賊がよく出る為に漁師たちも用心しているのだが、その漁師たちを監禁したとなると余程手慣れた海賊に違いない。
漁師たちはもしかしたらもう海の底にいるのかも。

『また漁船をみつけた。
さっき部下たちに様子をみにいかせたんだが、まだ帰ってこない。
今からライフルを持って確認しに行くが、位置情報を送っておくので15分以内にこちらからの連絡が無かったら出動してくれ。』

まさかここで海賊と...
それなら用心して全員出動させたという事もあり得る。
帰ってきていないという事はまさか...


『た、大変だ。化け物だ。
すぐ逃げ出した為、後ろ姿しか見ていないのだが、人のかたちをした鮫のような奴が乗船していた。
もう部下たちは手遅れだろう、とりあえず漁船からは離れるが念のために町のみんなは避難させておいてくれ。
自動操縦の海路を変更しておいたが漁船を避けていくとなると到着は朝くらいになる。
町のみんなは叩き起こしてでも避難させておいてくれよ。』

人の形をした鮫の化け物?
新種のUMAかなにかか?
とりあえず得体の知れないものなのに変わりはない。

『もうダメだ。あの化け物、見た目の通り泳げるらしい。
それに凄く速いときた。
もう乗船してるんだ、ほら、聞こえるだろ。
水の混じった足音が。
もうじき俺の隠れてる場所もバレる。
お前らも早く逃げ...』

ここで通信は途絶えていた。
そこでふと、思いついたかのように考えた。
化け物を乗せたハーバー号は自動操縦でこちらに向かっている。
それに到着が朝と言っていた。

大変だ、今がその“朝”じゃないか。
僕も早く逃げなきゃ
基地を出る前に、ふと海の方をみると船はもう見える位置まで来ていた。

これでは今からここを出ても間に合わないかもしれない。
僕は一か八かで基地内の機械をいじり、砲塔を動かした。
一度だけ試し撃ちさせて貰ったことがある、大丈夫だ。大丈夫だ。
そう自分に言い聞かせてモニターを睨みながら、手汗で湿っているハンドルを強く握り、ハーバー号に狙いを定めた。
そして震えた右手で発射のボタンを押す。

銃口から発射されたミサイルは、見事にハーバー号に命中して、船を沈めた。
思わずガッツポーズをする。

そうだ、この事を町の皆と避難したらしい上官たちに伝えなくては。
僕は、上官の机にある引き出しの中の書類に書いてある携帯番号をみて、上官に電話をかけた。
なかなか繋がらないな、電池がないのだろうか。

呼び出し音の続く中、廊下の方からピチャピチャという水の混じった足音が聞こえてくる。
音の方向を振り返ると、全長三メートルほど有りそうな鮫にも似た化け物が少し屈んだ体制で立っていた。


あ、そうか。泳げるんだったな。  

僕は呆然とその場に立ち尽くし
やっと上官へと繋がった携帯電話に呼び掛ける。

メーデーメーデー...

テロ等準備罪反対意見に色々突っ込んでみた。

 テロ等準備罪法案への反対派意見がニュース番組などで取り上げられる昨今。

実際に法案がどんなものなのか読んでみて、反対派意見の中に「絶対法案読んでないだろ笑」と突っ込みが入れたくなるような内容の物が多々あるので、今回ブログにて突っ込んでみました。

 

1.「話し合っただけで捕まる」

これはデモのプラカードみたいなやつにも良く書かれてるみたいなので、目にした人は多いと思います。

話し合ったをどう定義するのか分かりませんが、まずこの法案は“犯罪計画に合意した上でその実行準備行為をした”時点で違反となるので、話し合っただけでは捕まりません。

 

それに過去に犯罪を犯した事のある組織的犯罪集団なのが前提なので一般人には何ら関係ないのです。

(犯罪集団の人とうっかり話す可能性あるじゃん!みたいな意見も出てきそうですが、合意や準備をしなければいいかと)

 

2.「共謀罪だ!」

共謀罪よりも限定的な内容の法案なので共謀罪とは呼べないかと。

 

3.「テロという文字はないからテロ対策の法案ではない」

正しくは“テロ等”ですね。

まあ組織的犯罪集団であることが前提だと書かれてるし、中身も普通にテロ対策になってると思うんですけどね。

 

4.「テロ集団の定義を聞いたらないと答えられた。いい加減な法案だ。」

組織的犯罪集団の定義なら明記されてます。

ちゃんと読んでください。

 

5.「宗教組織が罪を犯した場合、関係ない信者も捕まる。」

合意してなければ捕まりません。

 

6.「組織的犯罪集団がカレーの中に毒物を入れる計画をしたとき、カレーを作ることは実行準備行為ですか。」

カレーに毒物を入れることを合意したなら実行準備行為でしょう。

知らないで入れられたのなら無罪です。

 

 

反対派意見のニュースが報道されれば、反対派の人が増えるのは当たり前だと思いますが、このような間違った解釈をする前に事実確認をするべきだと思うんですよね。

 

因みにこの法案は組織犯罪防止条約を批准するのに必要な法案らしいので、東京オリンピック時の安全性を考えればあった方がいいんじゃない?と個人的には思ってます。

まあ不備が確認されれば廃止でいいですけど。

 

 

SS<伏線の多い料理店>

こんばんわ、“伏線の多い料理店”へようこそ。
この店は山道を抜けた山の中腹ほどの位置にあり、さらに営業時間も朝の五時から一時間ほどしかやっておらず、伝説の名店と呼ばれております。
味はもちろんのこと、この店の特色ともいえるのがなんといっても“伏線の多さ”。
この店に入ってから出るまでに起こるどんでん返しの数々でお客様方を飽きさせないように心掛けております。

電車に乗り、山道をあるき、たった今、やっとの思いでこの店にたどり着いたあなた。
まず貴方は数分かけてこの店のドアを開き、そのまま店内にあるテーブル席に腰をかけ、荷物を全部下ろします。
そして貴方は軽くなった体で食材の前に立ち、バイキング方式に皿に盛り付けていきます。
そしてドリンクバーの機械の前で何を飲もうか悩んだあげく、やはり水にしようと飲み水用の蛇口からドリンクバー用のコップへと水を入れます。

貴方はそれらをもって再び席につき、まず、水を一口飲んでから食事を済まして、疲れが取れるまで暫くの間ぼーっと外の景色を眺めます。
お腹も一杯になり、満足した貴方は持ってきた荷物を抱え、万札を1枚レジカウンターの上におき、「釣り入らないよ」と気前よくレジに向けて手を振りながら店を出ていきます。

店を出たあと、貴方は後ろを振り返り“伏線の多い料理店”と書かれた看板をジッと眺めながら思います。
(伏線なんてどこにあったんだろう)と

しかし、貴方が来たときに伏線が無かったのは当たり前なんです。
だって貴方が来たのは営業時間外の夜なのですから。

ほら、わたし、最初に“こんばんわ”って言ったでしょ?

小学校で道徳を教えるのは時代錯誤。

またまた撤廃案です。

撤廃しろと言うのは簡単だけど、現実にはそうはいかないというのは理解してるつもりなんですが、それにしても時代錯誤した伝統(?)みたいなものが多いですよね。

 

新しいことをするのには批判的なのに、古いものを撤廃するのは嫌がる人が多いイメージです。(最近でいうと豊洲問題等)

 

まず道徳が何故必要ないかという点なんですが、単純に必要性がないから、時代に合った他の事(パソコンなどを重点的に)を勉強させた方が絶対有意義だよね。ってのが僕の考えです。

 

何故そういう考えに至ったのかというと、まず最低限の道徳心等は法律や憲法で定められていますし、法律外の善悪なんて個人で判断すべき物だと思うのです。

 

更に道徳のデメリットを挙げると、道徳というのは基本的に物事の善悪を教えるものであり、一つの事に対しての正義を定義してしまう事が多いのですが、これによって固定概念が生まれたり、悪とする物への差別的な考えや虐めにも繋がってしまうと思うのです。

 

例えば僕の小学校では「お年寄りに席を譲る子は偉い!」みたいな事を道徳で教えていたんですが

このように「席に譲るのは正義!」を定義してしまうと、多くの人は「譲らないのは悪!」と勘違いしてしまうんですよね。

 

でも実際には座ってる人が席を譲るのは優先座席でもない限り、自由だし、それで譲られるのが当たり前だと勘違いをした老人が、相手の事情も考えずに「最近の若者は!」みたいに怒ってるのを良くみます。

 

更に善悪を定義するのが何故悪いのかという理由を挙げると

争い事って基本的に個人の持っている正義がぶつかって起こりゆる事が多いんですよね。(宗教のテロなんかを見ると分かりやすいかも?)

例えば宗教勧誘なんかは、勧誘する方が一人でも多くの人を救いたいみたいな正義感で行ってる場合が多いのですが、興味ない人からしたらいい迷惑です。

 

だから「これが絶対的に正義です!」と定義するよりは「こういう正義もあるんだな」と理解した方が基本的に争い事は避けやすいんですよね。

 

そんなこんなで僕は道徳は教えない方が良いと思ってます。

 

(たまに日本は道徳を教えるから治安がいい!っていう人がいるけど、日本の治安のいい理由は貧困層が少ないのと、貧困層でも生活保護等の社会保障が充実してるお陰で、お金目当ての犯罪が起きづらい、というのが理由だと思います。

宗教として道徳を教えるのに治安の悪い国は山ほどあります。)

安楽死は賛成?反対?

安楽死についてはかなり意見が分かれそうな議題であると思います。

僕はやや賛成寄りではあるんですが、反論派の意見も分からなくはないので、まだ決定しきれてません。

 

まず何故僕が賛成寄りなのかというと、憲法で生きる自由が保証されているのに、何故死ぬ自由はないんだ?

というのと

不治の病になったとき、楽に死にたいなあという個人的感情から賛成してるわけです。

 

実際に、日本人はかなり自殺率が高く

最も自殺率の高い年代は50代以上なんですが、この原因として一番多いのが病気なんですね。

不謹慎だと言われそうですが、自殺すると処理にコストもかかりますし、それなら安楽死でお金を取って自殺させればwinwinだと考えてます。

 

ただ、自殺する権利を認めてしまうことによって起こりゆるデメリットが厄介で

“医療が衰退してしまう可能性がある”

というのがあるんですね。

 

これは何故かというと、病気になって苦しみたくないから安楽死してくれー!という患者が増えれば、医者の手術の機会が減ってしまう為、技術の進歩が遅れてしまうんです。

しかも、現時点の医療では治らないとされている病気ほど、安楽死率が増えてしまい、新しい技術が生まれづらくなるんですよね。

 

でも安楽死があるからと言って全員がそれを選ぶわけではないし、逆に安楽死税を大量にとってその資金を医療に回せば推進に繋がる可能性もあるので、一概に言える話ではないのかもしれません。