書店や出版社がなくなってもいいという話

僕は漫画家や小説家を目指している立場だが、昔から書店や出版社は無くなってもいいと発言している。

これを言うと、勘違いした文系気取りの人間が、猛反発してくるが、僕は何も本を読むという文化が無くなってもいいと言っている訳ではない。

 

単純に、リアルに存在する書店が無くなっても、ネットで購入すればいいし、電子書籍とかだと購入後すぐ読めるから良いよねという話で、そうなると作家は出版社を通さなくても、作品を公開するサイトにダイレクトに投稿すれば良いから出版社の必要性も無くなるよねという訳である。

 

唯一リアル書店のメリットである宣伝としての機能も、InstagramTwitterなどのSNSや、本のレビューサイト、ネット書店、等での代替も可能だと僕は思う。