【SS】少年と画家の男

男は嘆いていた。
この世界は美しくない。四方八方、コンクリートや鉄の塊だらけ。申し訳程度に添えられた植物たちは人工物。こんな偽物に俺は騙されない。

男は怒っていた。
仕事は殆ど機械化され、脳にチップが埋め込まれた我々に学びは不要。今人類は何をなすべきか?
答えはeasy。芸術だ。
なのに自称芸術家どもはこの偽物の世界を描いて満足している。実に下らない。偽物を映しても偽物にしかなり得ない。

男は悩んでいた。
俺は旅をしている。本物を描く旅さ。人里離れた場所にあるヤマやウミ。新鮮な空気。本物の植物。
芸術の真意がここに集結している!

...なのに何故だ?筆が進まない。こんなにも俺の心は満たされているハズなのに。

男は画材であるI-PATプロをリュックにしまい、宿を探しに町へ戻った。
芸術は一日にしてならない。焦ってはならないのだ。 
そう自分に言い聞かせ、人工的に挽かれた川を跨ぐ、人工の橋を渡ろうとするとき、彼は...いや、男は驚いていた。

人工物に囲まれた偽物の中に一つ、本物よりも美しいブロンドヘアーを靡かせた少年が橋の欄干に腕をかけていた。まるで砂漠にある湖に酒が入っていた気分だ。

男の熱い視線を感じ取った少年は、条件反射で反対方向へ歩き出した。男は急いでそれを追う。
「待って待て待て!にいちゃん!待ってくれよ!」
「な、なんですか。」
振り返った少年の顔は美しかった。
恐らくコンピューターに容姿の黄金比を算出させると彼の顔がでてくるだろう。
人類が全員彼のクローンだとしたら、フォトショップで容姿を修正する仕事はこの世から消えてしまうだろう。
出会い系サイトのプロフィールアイコンが彼の顔であれば、男でも...いやいや、この辺にしておこう。
とにかく、美しい。この一言に尽きる。

「君をモデルにしたいんだ!絵の!」
「僕を?」
「そう!」
「そう...」
「そう!!」

男の熱意に少年はたじろいでいた。
この眼差しから逃げるのは雨をよけるくらい難しい。

「困ります。もう暗いし、帰らなきゃ。」
「だったら明日また来てくれ!ここに!いや、ここじゃなくてもいい、どこなら都合が良いかな?」
「じゃあここでいいですよ...。」

男は正確に時間を約束し、その場を去っていく少年が見えなくなるまで、女性のように艶やかなブロンドの後ろ姿を眺めていた。


翌日、男は約束の時間より一時間も早く現地についた。逆に少年は約束の時間より30分遅れてきた。

「うわ、本当にきてる...」
「待ったぞ少年よ!いや、気にしなくて良いんだ。早速始めよう!」
「僕は何をすれば...?」
「いてくれるだけでいいんだ!待ってる間、本を読んでてもゲームをしてても構わない。ただ見える範囲にいてほしい!」
「は、はぁ...」

男はI-PATを開き、水彩絵の具のツールを使い、てを動かしだした。自然物に囲まれている時以上に彼の筆は進んだ。
少年はその間、ぼーっと川を眺めていた。
絵を描いてる時の男は無口だった。

やがて日は暮れ、解散し、次の日にまた集まり絵を描きはじめる。そんな日々が3日ほど続いていた。
少年はふと疑問に抱いていた事を口にした。

「写真じゃダメなんですか?」
「え?」
「いや、僕の容姿を残したいのなら写真でも同じなんじゃないかなと...I-PATにカメラ機能はあるでしょ?」
「面白い事を聞くな、少年よ!
写真は偽物さ、あれは物質の表面を写してるだけにすぎない。中身を描くことは不可能なのさ!」
「え、でも描きたいのは容姿なんじゃ...?」
「では少年よ、また明日会おう!」

いつもは僕が帰るまで待つのに、男は逃げるように帰っていった。僕はそれがおかしくて笑みが溢れた。

製作が一週間に差し掛かった頃、少年と男はすっかり打ち解けていた。
前より話す時間も長くなり、男の絵の進行速度も相対的に遅くなっていた。しかし、男はそれでもいいと思っていた。
道中を楽しむのも芸術だから、気長に描こうと...
とんだ誤算があるとも知らずに。

「今なんて?」
「だから、引っ越すんです。」

男は顔面蒼白になっている。
絵は完成間近だった。 

「どこへ?」
「うんと、遠くです。」

少年の素っ気のない返事に、男は呆気に取られた。
男の腕はいつの間にか、少年の服の裾を掴んでいた。
「それは困る、困るんだ!」
男は必死に言う。それが効果的だと思ったから。
でも少年の想いは違っていた。

「それは、絵が完成しないからですか?」
男は黙った。一瞬心臓を捕まれた気がした。
少年は、男の手を振りほどき、悲しげな顔を後ろへ向けた。金色に靡く髪の毛も男には止まって見えた。

「違う...」

少年は橋の反対側へと歩き始めた。
コンクリートの橋に響く、無機質な足音に初めて嫌気を覚えた。

「違う!!!」

男は叫んだ。少年はまだ近くにいるのに、町の端まで届きそうな声で叫んだ。 
コンクリートの足音が止まった。

「俺は君に惚れたんだ!見た目なんかじゃない、本質的な部分にさ!」

「違う!!!」
少年は振り返り、もっと大きな声で叫んだ。
目には涙が溢れていた。

「あんたは何もわかってない!僕の事を!」

「分かってるさ!君は本物なんだ!
最初は見た目の美しさかと思った、いや、そこしか見ていなかっただろう。でも一緒に過ごして分かったんだ!!君は本物だ!俺がずっと探していた、ヤマやウミにもなかった!!」

「わかってない!わかってない!わかってない!!! 」

叫べば叫ぶほど少年の目から涙が溢れた。
そして少年は、自分の右腕をもいだ。
「なっ...!」
男は驚いた。
少年の腕は、導線で繋がれていた。

「わかったでしょ、これが僕だ!」 
少年は“アンドロイド”だった。
「そ、そんな、そんなハズ...」 
完全に想定外の出来事に、男は次の言葉が出てこなかった。
少年は涙で濡れた顔で無理矢理笑みを作った。

「あんたはずっと、本物に拘っていた。機械を嫌っていた。でもあんたが本物だと言い張ったこの僕は、“ニセモノ”だったんですよ。」
「ち、ちがう...なら、ならその涙は、君のその感情はどう説明するんだ ...!」
「全部プログラムされたニセモノですよ。僕が悲しいと思い込んでるだけで、ほら、この涙も舐めて見てくださいよ。全然しょっぱくない、見てくれだけのただの水分だから」

そう言いながらも少年の涙の量は増えていった。
痛みを感じると涙が出るようにプログラムされているから、その痛覚すらもプログラムされたものだけど。と、そう少年は納得していた。
その納得すらも、自我による物ではなく、基盤の上で組み立てられたものだと、そう納得しようとしていたのだ。

俄然涙が溢れだした。
男は少年を強く抱き締めた。
「君は人間だ。悲しくて、涙している。それは、人間なんだ。俺は君のそこに惚れたんだ。」
少年は抗わなかった、男の胸の中で反論した。
「違う、あんたが惚れたのは見た目でしょ。それも、容姿の黄金比から算出されたものだから、当たり前の結果なんだ。僕はニセモノにしかなれないんだ。」
「君はホンモノの人間だ。」
「違う。ニセモノだ。ニセモノなんだ...」

そこからは水掛け論にしかならなかった。
結局、答えの出せないまま、少年は帰っていった。
なんでも少年は一週間限定の“試験起用”だったらしく、この一週間のテストで量産されるか否かが決められる手筈だったらしい。だが、右腕を失って帰ってしまっては、結果が目に見えているだろう。

その後男は、自宅をヤマに移した。
近くに川があるし、ウミも見える喉かな場所だった。

移住を決めたとき、機械的なものは全て都心で売り払ったのだが、唯一I-PATだけは持ってきていた。
そして今、男はI-PATに保存されている“あの絵”を眺め続けている。

その未完成の絵は、男には完成品のような気さえもした。

哲学の詭弁。

砂山のパラドックスという思考実験がある。

砂山から数粒砂を取り去っても砂山のままだが、その行程を何度も繰り返し、残り一粒となった砂も、砂山と呼べるか?という内容の物である。

 

しかし、この思考実験は正当だと言えるだろうか?

例えば50度のお湯で想像してみてほしい。

50度から5度下げて45度にしてもまだお湯だが、その行程を繰り返し0度になった水はお湯とは呼べないだろう。

そもそも、50度から5度下げる状態と、30度から5度下げる状態を同一視しているのがおかしい。

違う状態の物から同じ数値を取り除いても両者は同一の状態ではないのは当たり前だろう。50度と30度では元々の数値が違う状態なのだから。

 

この思考実験は砂山という言語の定義の曖昧さを問題としているらしいが、そもそも論として言語は人間の思想や見えてるものやらを記号化した物に過ぎないので明確な定義を求めるのもおかしな話だ。箱の中のカブトムシが共通の意味を持たないのと同じである。

 

なのに何故哲学者は定義に拘るのだろうか?

決めようと思えば、今からでも何g、何粒からが砂山だと決めることは可能だと言うのに。

根拠のない方が良い場合。

議論する時、根拠も無しに自分の意見を信ずる人を見ると、めんどくさい人だなと思ってしまう。

何故かというと、いくらその意見が間違ってると指摘した所で、その人は自分の中で根拠を補完してしまってるので、その意見自体その人にとって破綻はあり得ないからだ。

 

いくら僕が丁寧に説明しても破綻しないのであれば、僕のそれまでの説明は無意味な物となってしまうので、うざったい事この上ない。

 

しかし、タイトルに書いた通り、根拠のない意見の方が良いケースもある。

例えば、自分の長所なんかは、「根拠がないけどここが長所だ」と思っていたら破綻しないので落ち込む事がないだろう。

 

恋人の好きな部分なんかに関してもそうだ。

顔が好きなら老化によって変わってしまうかもしれない。性格が好きといっても回りの影響で変わることもあるだろう。

理由がのべれない方が長続きすると思う。

 

人に限らず、趣味や目標、将来の夢なんかも

根拠を持たない物というものは破綻しづらいので、モチベーションを長く維持する為にはかなり有効だと思う。

たまには考えないのも良いのかもしれない。

 

漫画と小説の違い。

 

小説を読んでると、「小説読むなんて偉い、私は漫画しか読まないのに」みたいに漫画を引き合いに出して、褒めて来る人がいる。

 

恐らくこういう人は、全く同じストーリーの漫画と小説があったとしても、小説を読んでる人の方を誉めるだろう。

 

小説と漫画の違いとはなんだろうか?

 

単純にみると、文字数と絵があるかないかの違いだろう。

そして、小説を誉める人は恐らく、文字を読むという行為を褒めているのだと思う。

 

しかし、文字自体は漫画にも存在するし、その違いと言えば、行動を絵で表現するか否かの問題だろう。

だとすると、漫画を読むことを偉くはないと定義してるこの人は、絵での表現が偉くはないと言ってることになる。

 

そうなってくると画家という存在も全く褒められた存在ではない事になるが、世間では偉大だと言われてる画家達は山ほどいるし、美術館で絵を見ることは一般的には小説を読む方面の部類に入るだろう。

 

結局、媒体に対するイメージ的な問題であって、漫画読むより小説読む方が偉いという価値観に合理的な理由は存在しないのだ。

【SS】とある惑星での話

「お兄ちゃん、何をみてるの?」

後ろから低い声の女性が話しかけてきた。

「やあキャシー。惑星を観ていたんだ、この時期しか観測できないんだ。ほらあそこ」

兄であるランシターが指す先には、他の恒星たちとならんで光る小さな点があった。

「アレが惑星?すごく小さい」
「うんと遠くにあるんだよ。ほら、“望遠スモッグ”を覗いてごらん」

兄に言われ、身を乗りだして望遠スモッグを除きこんだ。スモッグ越しでもまだ小さいが、仄かに青く光る球体である事が分かった。
その輝きに見とれるキャシーを横に、ランシターはスモッグの倍率をさらに上げた。
すると、青色の中に他の恒星と同じように“固体”が浮かんでることが分かった。
ランシターはその固 体へスモッグの向きを調節して、倍率をぐんっと上げた。

「わあ!」
「分かったかい?」

キャシーが観た光景は、今までに観てきた恒星よりも大きな衝撃と感動をもたらしてくれた。
固体の表面で、小さな固体の粒が動いているのだ。

「すごい、まるで生きてるみたい」

固体に生物が住める筈がない、という現実的な考えを心にしまいこみ、ランシターは妹を抱き寄せ、星の表面を不規則に動く固体を眺め続けた。

他の恒星が光だし、青い惑星が見えなくなってきた頃にランシターは妹の顔を撫でながら言う。

「そろそろお腹すいたろ?飯を食べなよ」

キャシーはランシターの顔を見上げて返事をする。
「お兄ちゃんはたべないの?」
「俺はさっき食べたから大丈夫」

キャシーはそう、と言い、ふたたび望遠スモッグの中を除いた。しばらく沈黙が続いたあと、またキャシーが喋りだした。

「死んだあとの世界ってどんなのかな?」
ランシターはギクリとした。

「な、なんで急にそんなことを...?」

キャシーはさっきより明るいトーンで話始める。
「あたしね、あの青い星が“あの世”だと思うんだ。死ぬとね、魂が固体になって、あの星に転送されるの。」 
「ぷ、アハハ。そうかもしれないね」

頭のいい兄からの賛同が嬉しくてキャシーは調子づいた。

「あたしね、大きくなったらあの青い星にいくの!そしたらパパやママにももう一度あえるでしょ?」

不意に両親の話をされ、一瞬固まったランシターは、それを悟られないよう咳払いをしながら「そうだね」とだけ返事をした。

それは最後の返事となった。────

 

「またジュピターか?」
取り憑かれるように、研究室内で望遠鏡を覗いていた私に話しかけてきた先輩。
背が高く、鷲鼻でモジャモジャ頭で、まつ毛が長く、大きな手をもち、少し、格好のいい黒人男性だ。

「え、いや、そそそうなんです!」
急に話しかけられたのと、相手が彼だった事に緊張して、言葉の始めをバグった機械音声のように、吃ってしまった。
彼はフフっと笑いながら、私の横に立ち、空を眺めながら言った。
「好きなんだな、木星。みえるようになってからずっと見てるよね。」
木星を眺める彼の横顔が夜星に照らされて、くっきりと浮き上がっていた。

「なんか、懐かしい気がして...」
そう言いながら、私の目はまた空に奪われた。
先輩はその隙に、望遠鏡のレンズを覗きこんだ。

「きれいだな。ガスが主成分だとは思えないほど美しい。」
「あのガスの流れをずっと眺めてたら、なんだか生きてるように見えてきますよ。」
「アハハ。なんだそれ。」

木星人か。主成分がガスの星で、生物が生息してるなんてあり得ない話なのに、何故か私は木星を眺めていると、本当にあの惑星に生物がいるような、そんな幻想に浸ってしまう。
 
そんなことを考えている私を、大きな爆発音と光が現実に引き戻した。

「花火か、近くで夏祭りでもやってるのかな?」 

次々と打ち上がる花火は、空に輝く恒星とは違い、カラフルで賑やかだった。

「さっきのキャシーが言ってたみたいに、木星に生き物がいたとしたら、2XXX 年におきた木星での大爆発は夏祭りだったのかもね。」
「あはは、それはヘンですよランシターさん」

とても賑やかな空だった。

飲食店でもマネタイズが有効らしい。

僕は飲食チェーン店でバイトをしているのだが、この前面白いものを見た。

 

メニューとは別にある“お土産”を沢山売った店舗に順位をつけて、上位には賞品が貰える的な、チェーン店にありがちそうなイベントをやっていたんだけど、僕のバイトしている店舗は真ん中くらいの順位で、売れるお土産の数は一日五個いけば嬉しいなくらいだった。

そこで、このままではいかんなと、お土産の品をオーダー待ちのお客さんに試食品として配った所、お土産が売れる売れる。なんと一日で三十個程売れるようになったのだ。

 

お土産として置いてるだけでは旨いかどうか分からないので、試食として食べてもらえば、その賞品がうまけりゃ売れる。というのは、まぁマネタイズの理論に当てはめれば分かるとして、

この商法でもうひとつ有効だったのは、バイトに強制的にお土産を薦めさせれるという点だったらしい。

 

正直、お土産が売れるように、お勧めをしろと言われても、めんどくさいからやらないというバイトは多いだろう。俺なら確実にやらない。

しかし、試食を渡すのを義務化してしまえば、お土産を売ってるから試食を渡しているという説明を客にせざるを得なくなるのだ。

 

こういう販売競争に迫られると、どう売るかの方を考えガチだが、どう売らすかという視点でも、販売数を増やすことが出来るらしい。これは他の事にも応用できそうで面白い。

 

話は逸れるけど、僕もお土産の販売数を増やす方法として、1品もののお持ち帰りをアリにして、デザートとかご飯ものをお土産として売るというものを考えた。

 

これは単純に、お土産って自分等で食べるより家で待ってる人用に買うことが多そうだから、1品物を持ち帰ればご飯ものも必要になるよね。っていうのと、その罪悪感からデザートも買ってくれねえかな的なやつである。

あと食べ残しの持ち帰りをアリにしたら、頼みすぎを心配する必要がなくなり、オーダー総数も増えると思うが、どうだろうか?

書店や出版社がなくなってもいいという話

僕は漫画家や小説家を目指している立場だが、昔から書店や出版社は無くなってもいいと発言している。

これを言うと、勘違いした文系気取りの人間が、猛反発してくるが、僕は何も本を読むという文化が無くなってもいいと言っている訳ではない。

 

単純に、リアルに存在する書店が無くなっても、ネットで購入すればいいし、電子書籍とかだと購入後すぐ読めるから良いよねという話で、そうなると作家は出版社を通さなくても、作品を公開するサイトにダイレクトに投稿すれば良いから出版社の必要性も無くなるよねという訳である。

 

唯一リアル書店のメリットである宣伝としての機能も、InstagramTwitterなどのSNSや、本のレビューサイト、ネット書店、等での代替も可能だと僕は思う。