SS<多重人格少年>

記者と名乗るものが少年に話しかける。

「貴方がこの地区で有名な“多重人格少年”の太郎くんですね?
私、記者の渡邉と申します。よろしく」 「はい」

その様子を野次馬たちは遠目でみていた。
渡邉は気にも止めずに質問を続ける。

「現在、いくつの人格を持っているんですか?」

「ちゃんと数えた事はないけど沢山ですね。
毎日一人は見つかるんで」

「そんなに沢山の人格があって困ったことはないんですか?」

「人から変な目で見られることくらいですかね。
でも便利ですよ。色々な人格を状況に応じて使い分ければどんなことでも出来ますからね。」

「失礼ですが、精神科に相談されたことは...?」

「ないですね、というか精神科の人格もあるんでわざわざ病院に行くことはありませんよ。」

渡邉は太郎が言ったことをメモに書き留め、時よりなにを質問しようか考えるような仕草もみせた。

「他にはどんな人格があるんですか?」

「あぁ、一応紹介しますね。」

次の台詞で太郎の口調と声が変わった、別人格が現れたのだ。

「初めまして。太郎の母親である節子と申します。」

「母親ですか?」
渡邉は驚きを隠せずにペンを止めた。
多重人格で母親の人格があるものなど聞いたことがない。

「ええ、太郎の実の母親が事故で他界してしまい、その穴埋めにと私が太郎の世話をするためにやってまいりました。」

「はぁ、すると家事は節子さんがやっておられるのですね...」
正確には“節子の人格が”だが細かい話はなしとしよう。

「そうですね、朝と夜だけ私が出てきて、家にいるうちに家事を済ませてしまいます。買い物は執事のものが───」

節子が話している最中に声が男の声に変わった。
太郎よりももっと低い声だった。

「おい、節子。誰だこの男は」

再び節子の声に切り替わる。
その声の移り変わりは目を閉じてしまえば複数が会話してるように錯覚してしまうほど違和感がないものだった。

「あら貴方。この方は記者の人よ、私達に取材をしに来たの。」

「あの、今のは旦那さんで...?」

「ええそうです、旦那の雅彦でございます。」

「節子、なに勝手に話を進めてるんだ。
俺は取材なんか聞いてないぞ。」

「私だってさっき太郎から聞いたのよ」

「なんだと、口答えしやがって──」

「まあまあ。旦那様、奥様、どうか落ち着いてください」
次は老人のような声に変わった。

「申し遅れました。ワタクシ、執事の川上と申します。」

「あ、どうも...」

「あら、川上。
ともえの面倒みててって言ったじゃない」

「すいません奥様、なにやら騒ぎ声が聞こえてきたのでつい。
しかしもう寝かしつけてあるので安心してください」

「あの、すみません節子さん、ともえとは...?」

「ともえは三ヶ月前に生まれた太郎の妹です。」

「生まれるんですか!?」

渡邉は思わず声を粗げた。

「ええ、生まれますよ。
人格というのも一種の生命ですからね。」

渡邉は何がなんだか分からなくなってきていた。
色々な人格を持っているのが多重人格というのは知っていたが、一つの人間に母や父、そしてその息子といった家族構成があり、更には新たな人格として子供が生まれたというのだ。
渡邉が考えていた多重人格の想像より、遥かに遠くの斜め上方向に位置を置いていた。

さらに太郎の父である雅彦の声が発せられる。

「そういえば隣の丸田さんも先日子供ができたと言っておられたな」

「あら、おめでたいわね」

しかし渡邉には嫌な予感しかしていなかった。

「まさかその丸田さんというのは...」

「あぁ、別人格だよ」

「な、なんてことだ...そのうち人格だけで町が出来てしまうんじゃないですか」

渡邉がジョークで言ったつもりの台詞にも、雅彦は平然とした様子で返答する。
「町っていうか一国くらいあるんじゃないか?」

「一国!?」

「うむ、一国は少し言い過ぎたかもしれないが。
新たな人格が見つかるのは毎日一人だけど、赤子として生まれてくるのは10人20人と日に日に増えていくからね」

渡邉はただただ唖然とするしかなかった。
途中、メモすることも忘れていて、ペンも地面に置いてしまっていた。
そこに、ふと野次馬たちの声が聞こえてきた。


「太郎くん、また一人で喋ってるわ」

「次は記者と話している設定なんですって」

「妄想壁があるのよきっと」

「まあ怖い、うちの子とは遊ばせないようにしなきゃ...」


と少年は言った。

SS<全自動>

ある未来、全てが全自動の学校があった。
授業に先生はおらず、電工掲示板にもよく似た黒板にその科目で学ぶことが書かれる。
必要ならば映像も流す。

生徒達のノートも自動で黒板のデータが転送される。
この授業が必要なのかと思うものもいるだろうが、一応授業の形をとらないと生徒がサボってしまうということでこの従来の形が続けられているのだ。

食堂の飯も、食堂にある券売機で食べたい料理のボタンを押せば3秒もかからない内に料理が出てくる。
もちろんここにコックはおらず、機械が調理をしている。
それゆえの正確性なのだ。
クレームは一度もなかった。

生徒の休憩時間も自動である。
休み時間になれば、強制的に教室から出され、授業のチャイムがなればどんな状況でも強制的に各自の教室に戻される。


こんな学校なのに何故、生徒が一切文句を言わないのか。
生徒もまた、全自動のロボットだからであろう。

3Dプリンターを用いた建築界の今後を予測。

 

ロシアのモスクワ近郊で、建築材料費1万ドルの家が3Dプリンターにより建てられたという話。

さらに最近では一日で建てられた家が3万ドルで購入可能になったというニュースも耳にします。

(建築法の厳しい日本での普及はまだ先でしょうが)

 

これによって起こる今後の建築業界等の傾向を予測してみようと思います。

あくまで個人的な予測です。

 

まず、安価で短時間に家が建てられるようになれば、建築数が大幅に増えます。

3Dプリンターによる建築数が増えると、コストは更に安くなります。(最終的には土地代抜きで十万台での購入が可能になるかも?)

また、土地を貸すという事業も沢山増えると思います。

 

そうなれば人々は、家を建てるコストが安くなった分の浮いたお金で、デザイン性を重視するようになります。

そして、建築・インテリアデザイナーや引越し屋の仕事がかなり増えると思います。

別荘を持つ人なんかも増えそうですね。

(引越し屋に関しても、軽い荷物についてはレンタルドローンを用いた引越しになるかも?)

(あと、取り壊しも早くなるわけではないので、引越し自体は増えないという事もあるかも?)

 

あと、震災等の被害後の復興もかなり早くなると思います。

そもそも耐震実験がしやすくなって、どんな地震がきても平気な家も確立されるかもしれません。

 

しかし建築者の人等は仕事が減ってしまうかもしれません。

そうなれば、普通の建築のコストが膨大になることも考えられます。(そうなれば余計3Dプリンターの需要が高まるのだけども)

 

 

なんにせよ、日本での普及には建築法などによる安全面にまだ懸念が多いので時間はかかりそうだな、というイメージです。

りんご=赤い?

 

りんご=赤い

トマト=赤い

りんご=赤い=トマト

りんご=トマト

 

的な詭弁をよく見ます。

1+1=2=1分の2

みたいな感じでしょうか。

 

しかし最近疑問に感じたのが

りんご=赤い

というのが本当に正しいのか?という点です。

確かにりんごは赤いという色の要素が含まれていますが、赤ければりんごだという事ではありません。

つまり赤はりんごであるという一つの要素に過ぎないのです。

 

何が言いたいかというと、“りんごは赤い”というのは

“1+1=2”で例えると、2に1が含まれているってだけで、1=2ではありませんよね。って事なのです。

 

だからなんなんだという話でした。

 

 

体罰は反対?賛成?

体罰が厳しく取り締まられてる昨今。

学校内での体罰は許容されるべきか否かで色々考えてみました。

因みに今の制度的にいうと完全にアウトです。

 

まず僕は、体罰は賛成派なので、賛成派の意見から話を広げたいと思います。

 

 

賛成だという理由として僕が挙げるのは、体罰以外の抑止力が学校側には少ない事です。

 

どういうことかと言うと、例えば口頭で注意しても聞かずに、他の児童の勉強の妨げになってる子がいたとします。

実際には制度として“出席停止”をこの児童に使うことは可能なのですが、出席停止を使用できる基準というのが曖昧である為、この制度を授業中うるさいという理由だけで使用してる先生は殆どいないんですね。

 

仮に基準を設けたとしても、出席停止の執行までには

“先生が判断・報告→学校内での会議→教育委員会へ(これは省かれるケースもあるらしいです)”

と色々行程があり、かなり面倒な上に保身の為に報告しない先生もいると思います。 

 

更に授業中の先生がその場で使用できる制度ではないので、その授業内での抑止力にはならないと思います。

 

というわけで、口頭で注意しても聞かない生徒の抑止力としてはその場で使える体罰の方がいいんじゃない?というのが僕の意見です。

 

しかし、行き過ぎた体罰によって生徒が自殺したり、精神的苦痛により不登校になったりする可能性があるという反対意見があります。

 

これは僕も当然ダメだと思ってますし、行き過ぎた体罰は許容の基準を決めて取り締まるべきだと思います。

 

ただ体罰を容認したら、自殺や不登校が増えるかというとそうでもないと思います。

何故かというと、今よりも体罰が容認されていた時代(検挙数が少なくなった時代)と今の自殺数や不登校の数はあまり大差がありません。

(寧ろ自殺数は割合的に増えていて、不登校の割合は昨年過去最多となっていました。)

 

自殺や不登校になってなくても精神的に気づついてる生徒も出てくる!という意見もありますが、それは確かめようが無いので、なんとも言えません。

 

そんなこんなで、僕自信は体罰の許容基準を決めた上で抑止力として使うのはいいんじゃね?という考えに至ったのであります。

 

どきどき☆ふるいち君の地震対策!

 

地震等の自然災害による被害が多い昨今。

地震が来たときの対処法をまとめてみました!

地震が来たときの備えがないぞって人は、必ず最後まで読んでください。

 

1.【瞑想する】

f:id:inufuruenza:20170410015659j:image

地震が来たときは焦りがちですが、まず瞑想して心をリラックスさせましょう!

もしかしたら悟りが開けるかも知れません。

 

2.【ロデオマシーンに乗る】 


f:id:inufuruenza:20170410015644j:image

寧ろ地震よりも揺れてやりましょう!

ただしそれ以上に大きな揺れが来たら死にます。

 

3.【飛ぶ】

f:id:inufuruenza:20170410015823j:image

地震が来たタイミングで飛ぶことが出来れば

地震来たとき地球にいなかった~!」

と自慢することが出来ます。

タイミングが大事です。

 

4.【サーフィンする】

f:id:inufuruenza:20170410015955j:image
地震は波です。ビッグウェーブです。

この波にノらない奴が海の男と呼べますか?

 

5.【浮く】

f:id:inufuruenza:20170410020109j:image

これが一番手軽で安全な方法かもしれません。

ただし航空法に触れてしまう可能性があるので、早めに地震を察知して許可書を提出しておきましょう。

 

 

いかがでしたか?

これほど多くの対策法を知っていれば地震が来ても安心ですよね。

僕はこれを読んでいる人が一人でも多く助かれば良いと思うので、是非ここで覚えた事は全て忘れて、地震が来たときは机の下に隠れてください。

SS<不器用な男>

 

僕は生まれつき不器用です。

不器用の天才と言われるほどの不器用です。

未だにくつひもが結べないのはもちろん
小学校の家庭科の授業では裁縫の針の穴に糸を通せた事が一度もありません。

手が震えるため字を書くのも下手で漢字のテストは漢字を覚えているのに読めないという理由で0点になることも。
そのせいで高校受験にも失敗し、最底辺の工業高校に進学することになりました。

しかし技術が一番の工業高校で、この僕が活躍できるはずがありません。
自分よりも頭の悪いヤンキーどもでさえも進級しているのに僕は留年です。
屈辱でした。

作業が出来ない為にイジメをうける事も多々ありました。
それも年下からです。
自殺を考えたこともありましたが首を吊る為の縄が上手く結べずにやめました。


そんな僕にも転機が訪れました。
ある日自転車のブレーキが上手くかけれずに壁に衝突してしまった日の事です。
なんとその日を境に僕の手先が器用になったのです!

医者に話をきくと、僕の不器用さは自律神経の乱れから起こる、手の震えが原因だったのですが
事故で神経が刺激され、震えがなくなったらしいです。 


それから僕の人生は大きく変わりました
靴紐も結べるようになり針に糸を通すことも容易く出来ます。
作業もできるようになり高校での成績はみるみるうちにトップに!

これはきっと神様が与えてくれたプレゼントに違いない。
そう僕は思っていました。


しかし現実は良いことばかりじゃありません。
今までダメダメだった僕が学内トップになったのを良く思わないヤンキーどもからのイジメがエスカレートしてきたのです。

暴行からはじまり財布は奪われ物は捨てられ
もう散々でした。


この時やっと分かったんです。
僕が器用になった理由が


僕は天井に縄を結びました。